DIYでおしゃれな二段ベッドを作る|快適空間ライフ

部屋

幅広い種類が開発

設備や木材によって異なる金額傾向

二段ベッドには色々は種類があるため、ライフスタイルやニーズに合わせて選べるのが魅力ですが、選んだものによって使用感や見た目は大きく異なるため、慎重に見極める必要があります。二段ベッドには国産と外国産があり、更に机付きや収納付き、手すり付きや扉付き、枠付きやマットレス付き等、様々な設備が付属されています。使用する人の目的に合わせて選べるようになっているため、子供の成長と予算を見合せ選択できますが、たくさんの設備があるから高価というわけでは無いです。天然木や独特の工程を採用しており、なおかつ手作りの場合は高値になる傾向がありますが、外国の安価な木材やパイプで作られている場合はリーズナブルな傾向があります。

二段ベッドの歴史と変遷

日本家屋は和室が多く、畳の上に布団を敷いて寝るのが一般的でしたが、近年の住宅仕様の変化により、和室が減少しフローリングを使用した部屋が増えたため、ベッド人気が高まっています。フローリングは板であるため、直接布団を敷くと体中が痛くなり寝るのが辛くなりますが、ベッドを利用すれば足腰の負担は軽減され、痛みも全く無いため、多くの家庭で使用されています。日本でベッドが使用されるようになったのは戦後からですが、二段ベッドが使用されるようになったのは30年ほど前からです。団地や集合住宅が増えたことにより、限られた部屋を有効活用するためには工夫も必要ということで取り入れられたのが二段ベッドであり、現在でも多くの家庭で利用されています。